ジスロマックとお酒の関係性とは?副作用はある?

投稿日:2017.08.09

風邪やインフルエンザなどの感染症などに感染した際に抗生物質としてジスロマックという抗生物質が処方される可能性があります。
ジスロマックは幅広いSTDに効果のある薬となっていて、一度飲めばそれが一定期間効果が持続するので飲み忘れという心配もありません。
ジスロマックは比較的新しい薬剤で副作用が少ないという事で知られています。
そのような訳で内科だけでなく、精神科の医師も感染症の治療のために使用する場合があります。

しかし、ジスロマックが新しい薬剤とは言っても薬剤である以上どうしても副作用があります。
代表的な副作用に陰部がかゆくなるという副作用があります。
ジスロマックを服用するとどうしても一時的に抵抗力が落ちます。
そのため通常感染する事がないクラミジアなどに感染しやすくなります。
その結果としてかゆくなりかきすぎて皮膚が傷付くこともあります。
そのため医者によってはクラミジアなどの治療薬なども同時に処方される場合もあります。
医師が処方した薬剤を利用するとかゆい症状は軽減されます。

アルコール禁止最近では広く用いられる薬となっているのですが、そこで問題となるのがジスロマックを服用している期間は酒を飲んで良いのかということです。
ジスロマックに限らずですが、抗生物質を服用する際にビールや日本酒などのアルコールを飲酒しながら服用すると、ジスロマックの作用がかなり強く出る事があります。
ジスロマックは悪いウイルスを攻撃しますが、悪いウイルスだけでなく正常なウイルスや細胞も多少は攻撃してしまいます。
飲酒をすると、正常なウイルスや細胞への攻撃能力がかなり高くなってしまいます。
そのためジスロマックを服用する際には飲酒をしてはいけません。
アルコールを摂取することによって内臓機能が低下して下痢や吐き気などをしやすくなってしまうというものがあります。

あまりありませんが、メイアクトなどの他の抗生物質と同時に処方される場合があります。
メイアクトなどと同時に処方される場合はかなり強い感染症にかかっている場合です。
その際には医師の指示どおりに服用しないと感染症が治りません。
完治する最後まで服用しましょう。